スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドリブ/エチュード/インプロ 

今回も多くのアドリブが飛び出しました。
結果「笑い」につながったから良いものの
やはり「アドリブ」も先を見越して打たないと危ないのです。

で、アドリブというのはあくまで
基に台本があって
そこに演者が即興で台詞や演技をはさむことであります。

そしてエチュードというのは
何らかの状況設定や場面設定、人物設定やオチなどを決めて
そこから即興で物語を創っていくことで

インプロ(即興劇)というのは
エチュードよりもっと何もない状態から
(例えば、1つの言葉やテーマから)打ち合わせなど一切無しに、その瞬間に起こったことを受け入れ合いながら即興で作っていくエンタテイメントを意味します。

アドリブ好きなN町は
以前よりこの「インプロ」に興味を持っているのですが
思った以上にこの「インプロ」の世界は深く
(結構細かいルールなどが存在するのです)
まだ手を出せないまま現在に至っています。

首都圏ではこのインプロを専門にしたカンパニーがあるようですが
地元で本格的なインプロの劇を観たことはありません。
(エチュードレベルの即興劇や即興ダンス、演奏は観た事があります。やったこともあります。)
はい。インプロって、かなり深い。みたいです。

だから、生のインプロを、滅茶苦茶観たい。
ワークショップでもあれば、参加してみたい。

インプロの知識や方法論に関しては現在勉強中なのですが
結構「ショー」として魅せるレベルにするのは大変そうです
ただ、インプロの根底にある考え方がとても好きで
(受け入れる、YES and・・・等)
学べば学ぶほど、深くて、そして興味深い。

今後喜劇病棟@ふくおかの稽古の中に
インプロのゲームも取り入れて、慣れて、鍛えて
いつかお客さん参加型の
インプロ芝居(この名称はどうなんだろう・・・)を
オムニバスの中にはさんで、やってみたいと思ってます。

だけどインプロにはまって台本を使わなくなることは決して無いと思います。
ただ、インプロをしっかり学び身につければ「良質のアドリブ」を繰り出せると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nkigeki.blog42.fc2.com/tb.php/115-f81ba47d

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 N町のくだらnight劇場 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。