スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に響いた言葉 

お久しぶりです。
数日更新していませんでした。
半分意図的に、半分さぼりです。

なのでガガット書いてきます。
これ、時々日付調節してます。

で、今日はひとつ、心に響いた言葉を書きたいと思います。

あまりずっと心に残るようなインパクトある言葉って聞けません

でも、これは本当にズッシリ響いたので・・・


これは、21日に本番を迎える「北斎夢幻」
劇団吉祥じゅん&女騎士(ワルキューレ)
主宰・吉祥じゅんさんのお言葉。

2月頭の最後の福岡稽古の終わりに
多くの役者陣を前に発せられた言葉です。

「自分だけしか愛せないヤツに、人の心は動かせない!
 自分の身を守ろうとするヤツに、人は感動はしない!」


これは受身の姿勢の強い役者への喝として
じゅんさんが大声で熱く叫んだお言葉でした。

発信、発信とじゅんさんはおっしゃっていました
それは、勿論「客」へ向けての「発信」であり
演出、周囲の役者への「発信」の意味だと感じました。

これは、役者として、演出として
そして色んな意味でN町の心に響きました。

それは、ボクが演出をしていて感じることの代弁であり
けれど、ボクが役者をしていて出来ないことへの喝でもあり
とにかく・・・とても心に響いたのでした。

ボクは
「言われたこと、考えてますから」とか
「でも、一生懸命やってますよ」とか
経験ある役者が言うのはナシだと思っています。

そして、演技をした後に
「今のは、こういう事を表したかったんです」っていうのも
あんまり聞きたくは無い。

役者は、口で説明する前に演技でそれら全てを伝えないと意味が無い

偉そうでもなく、普通にそう思ってます。

思ってるからには自分は役者の時、そうありたい。
いや、そうでなければならない。

だけど、まだ、
「自分の身を守ろうとしているN町」はどこかにいる気がするんです。

なので、今一度、じゅんさんの言葉をしっかり受け止め
自分と向き合わないといかんなと。思ったのでありました。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nkigeki.blog42.fc2.com/tb.php/56-ee4256f8

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 N町のくだらnight劇場 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。